アイスダンベルダイエット

凍らせたダンベルを使うダイエットがアイスダンベルダイエット。
普通のダンベルよりもやや効率が高くなります。

このダイエットで必要な器具は、水を入れて重さを調節出来るダンベルです。ペットボトルで代用するのも可能ですね。通常の鉄アレイタイプのダンベルは凍らせることはできません。このダイエットでは使用できません。

■アイスダンベルダイエットの効果
凍ったダンベルを手に持つことにより、一時的に手は冷えます。
冷えると血流が悪くなる。すると体のすみずみまで血液を循環させようとする働きが起こります。血液の循環が上がり新陳代謝がアップするのです。新陳代謝がアップした状態でエクササイズをすると、脂肪の燃焼が高まりダイエットに効果的なのです。

■アイスダンベルダイエットのやり方
では、アイスダンベルダイエットのやり方を説明したいと思います。
ダンベル器具やペットボトルに水をいれ、冷凍庫で1晩凍らせます。
凍ったダンベルを持つことによって、手先は冷えてきます。
手先が冷えてくると、体は熱を取り戻すために働きます。
そして、手が冷たくなってきたらダンベルを休憩。手が温まってきたら再開するというのを繰り返し行います。
エクササイズの目安の時間は、ダンベルを持って約30秒くらい、ダンベルを休憩して1分程度となります。
この動作を何回も繰り返すことで、ダイエットの効果がさらにアップするのです。
また、力を入れるときは息を吐き、力を抜くときは息を吸いましょう。この時、一緒に腹式呼吸をすると、効果が倍増しますよ。
アイスダンベルダイエットは、1日に何度もやる必要はありません。
やっているうちに、体中がポカポカと暖まってくるのがわかりますよ。

アイスダンベルダイエットの詳細については、本屋さんで売っていますが、インターネットでも見られますので是非一度見てみましょう。詳しくやり方などがのっていますよ。

■注意点
冷たい状態でたくさん頑張り過ぎては駄目です。
冷たくなったら休憩、また暖かくなったら再開、と休憩を挟みながらやりましょう。
また、冷え性の人はこのアイスダンベルダイエットは控えておいたほうがよいです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。